月別アーカイブ: 2014年1月

編集できる範囲を制限する

大きいファイルを扱っていると、検索や置換処理のときなんかに「ここからここまでの範囲だけを編集対象にしたい」ということがよくあります。
特に、長いソースコードなんかで「今はこの関数しか触らないから他の部分は見えなくていい」とか。

そういう時はナロイングの機能を使うと便利。

リージョン選択して

M-x narrow-to-region (C-x n n)

でナロイング開始、

M-x widen (C-x n w)

で解除。

ちなみに初めて使うときには本当にこの機能を使ってよいか警告が出る。初心者がうっかり間違えて実行して戸惑わないようにするためらしい。
(知らずに実行すると内容が消えてしまったように見えるうえ、undoで解除されないのでかなり焦りそう)