月別アーカイブ: 2013年12月

Emacsからググる

Emacs から単語や選択テキストをGoogle検索 – my-misc.blog
Emacs ですぐに単語の検索をしたい欲望を叶える Elisp。 – 日々、とんは語る。
Emacs 使用中に素早く検索する – Qiita [キータ]

探したらいろいろ出てきた。
search-web.el が便利そうだけどなんかもうちょっとシンプルでいいかな、ということで↓のようになりました。
リージョンもしくはカーソル付近の単語を検索。
もちろんgoogle以外も作れます。

(defun string-word-or-region ()
(let ((editable (not buffer-read-only))
(pt (save-excursion (mouse-set-point last-nonmenu-event)))
beg end)
(if (and mark-active
(< = (region-beginning) pt) (<= pt (region-end)) )
(setq beg (region-beginning)
end (region-end))
(save-excursion
(goto-char pt)
(backward-char 1)
(setq end (progn (forward-word) (point)))
(setq beg (progn (backward-word) (point)))))
(buffer-substring-no-properties beg end)))

(defun google()
(interactive)
(let* ((str (string-word-or-region)))
(browse-url
(concat "http://google.com/search?q=\"" str "\""))))
(global-set-key "\C-cs" 'google)

 

SKKのローマ字入力ルールを追加する

SKKの日本語入力では「zl」で「→」が出たり「z-」で「~」が出たり「@」で日付が出たりするのは有名ですが、
このような入力ルールを追加で定義することができるらしいです。
変換の手間が無い分、辞書登録より便利なので、よく使う記号なんか登録しとくとよいかも。


(setq skk-rom-kana-rule-list
(append skk-rom-kana-rule-list
'(
("z1" nil "○")
("z2" nil "■")
)))

これで「z1」で「○」が出るようになります。

なお、デフォルトのルールは skk-rom-kana-base-rule-list という変数に定義されている模様。