月別アーカイブ: 2013年2月

HTMLのtableタグを生成する

※続き→続・HTMLのtableタグを生成する

rowspan, colspan の込み入ったテーブルを作りたい時があって、
オンラインで何かいいジェネレータないかなと思って探したけどrowspan, colspan対応しているものがなかなか見つからなかった。
そういえばemacsにテーブルモードみたいなのあったんじゃない?あれ使ったらどうにかなるんじゃない?

調べてみたら標準機能でできた。

M-x table-insert

行・列数を聞かれるので適当に設定。

あとはテキストベースで票を編集していく。便利コマンドがいくつか。

C-> (table-widen-cell)    カーソル位置のセルを横拡張
C-< (table-shorten-cell)    カーソル位置のセルを横収縮
C-: (table-justify)    セル中の文字列の位置を操作(Left/Center/Right)
C-- (table-split-cell-vertically)    セルの横分割
C-| (table-split-cell-horizontally)    セルの縦分割
C-* (table-span-cell)    セルの結合

で、いい感じに表ができたところで、

C-^ (table-generate-source)

とすればHTMLに吐いてくれます。余計な nbsp なんかを適宜削ってやって完成。便利。

 

git pull, svn update などで更新されたファイルのバッファを自動で再読み込み

(global-auto-revert-mode 1)

としておくと自動で revert-buffer してくれる。

これで、うっかり編集して保存 → 警告 → 外部での編集か自分の編集かどちらかが失われてしまう… なんていう悩みから解放されるかも。

ところで revert-buffer というコマンドは今初めて知りました。いつも C-xC-v (find-alternate-file) してました。
yes/no確認がないぶん後者の方が楽かなと思う。